読書

【読書】本を読むと『眠くなる』6つの理由と17の対処法をご紹介!!

悩む人
悩む人
読書をすると眠くなる…理由と対処法を知りたい。

この記事では、こんな疑問にお答えします!

読書をすると「眠くなる」理由と対処法

私自身、読書をしたいと思って本を開いて読み始めると、数分後には眠くなってしまい、読みたいけど、断念することが多くありました。

そのような経験を踏まえて、読書をすると「眠くなる」理由と対処法を徹底的にご紹介します!

ひろあき
ひろあき
対処法は、私が実践して効果のあった「17個」をご紹介するので「これは使えそうだ!」と思ったものを、ぜひ実践してみてください!

読書をすると「眠くなる」6つの理由は?

読書をすると(本を読むと)「眠くなる」理由は以下のとおりです。

読書をすると(本を読むと)「眠くなる」6つの理由

① リラックス効果がある

② 単純・単調な作業だから

③ 脳が疲れるから

④ 目が疲れるから

⑤ 内容に興味を持てないから

⑥ 本の内容が難しいから

① ストレス軽減・リラックス効果がある

読書には、ストレス軽減・リラックス効果があることが、各種研究・実験で科学的に証明されています。

具体的には、英サセックス大学の2009年に「読書によるストレス解消に効果」が発表されており、当発表では、読書によりストレスが68%も軽減していることが確認できています。

音楽を聴く、コーヒーを飲むなど、様々なストレス解消法と比べても、読書は非常に効果が高いストレス解消・リラックス法であることが証明されています。

② 単純・単調な作業だから

読書は、目を上下左右に少し動かすだけで、体はほとんど動かさない単純・単調な作業のため、刺激が少なく眠気を誘います。

③ 脳が疲れるから

読書は、体は動かしませんが、本の内容を理解するために、脳をフル活用します。

脳を一定以上働かせると、疲れが溜まり、眠くなる傾向があります。

④ 目が疲れるから

読書をするにあたって、常に目で活字を追い続けるため、目も疲れが溜まります。

目の疲れは、「目を休ませた方がいいですよ」というサインであり、眠気を感じる原因になります。

⑤ 内容に興味を持てないから

経験のある方が多いと思いますが、「興味が持てない」内容の場合には、集中力が続かず、退屈に感じてしまい、眠くなることがあります。

⑥ 本の内容が難しいから

興味・関心はある分野ではあるけど、本の内容が難しくて理解が追い付かない場合などは、思考が停止してしまい、眠くなる可能性があります。

読書をすると『眠くなる』…そんなときの対処法は?

読書をすると「眠くなる」そんなときの対処法は以下のとおりです。

読書をすると「眠くなる」そんなときの対処法17選

① 椅子に座って姿勢を正して読む

② 立ったり座ったりして読む

③ ウォーキングやスクワット、ストレッチをしながら読む

④ メモを取る・マーカーを引くなどしながら読む

⑤ 音読する

⑥ 読みながら声に出してアウトプットする

⑦ 聴く読書をする

⑧ 自身にあったレベルの本を選ぶ

⑨ 時間を決めて読む

⑩ カフェインを摂取する

⑪ ガムを噛む

⑫ 目薬をさす

⑬ 顔を洗う

⑭ 部屋の空気を入れ替える

⑮ 場所を変えて読む

⑯ 十分な睡眠を取ってから読書する

⑰ 朝の眠くない時間帯に読書する

① 椅子に座って姿勢を正して読む

ソファーにもたれかかったり、ベッドでくつろいで本を読むとどうしても眠くなってしまいます。

眠気に負けず、しっかりと本を読みたい場合には、椅子に座って姿勢を正して(背筋を伸ばして)読書するのは1つの方法です。

② 立ったり座ったりして読む

長時間、同じ姿勢で座っていると、筋肉が緊張して血行不良になり眠気に襲われます。

そこで、立ったり座ったりすることで、血行を良くして眠気を吹き飛ばすのも1つの方法です。

私はスタンディングデスクを活用しており、眠くなったときは必ず立って読書や作業をするようにしています。

③ ウォーキングやスクワット、ストレッチをしながら読む

身体を動かすと血の巡りが良くなり、眠気がなくなります。

ウォーキング(家の中)やスクワット、ストレッチをしながら、本を読むと眠くならず、身体にとっても良い影響があり、おすすめです。

※読書に支障が出ないよう、ゆっくり歩く、マイペースでスクワット・ストレッチをする、定期的に休憩をするなどが大切です。

④ メモを取る・マーカーを引くなどしながら読む

目で文字を追うだけの読書は、刺激が少なく、単調で受け身になってしまいます。

そこで、読書をしながら、重要なポイントをメモする、マーカーを引くなどのアクションを加える(手を動かす)ことによって、集中力を高め、眠気を解消する方法もあります。
※メモはノートに書く、スマホ・パソコンに打ち込む、どの方法でも大丈夫です。

この方法は、読書の質を高めるとともに、見返したい重要なポイントを残しておくことができるため、ぜひ実践していただきたい方法です。

⑤ 音読する

声に出して本を読むことで、見る・話す・聞くの3つが機能して集中力を高め、眠気を解消してくれます。

また、この方法は読書の質を大幅に高めることができるため、自分の部屋など周りに人がいない環境で読書ができる場合には、とてもおすすめです。

⑥ 読みながら声に出してアウトプットする

「声に出す」という点は音読と同じですが、一歩踏み込んで、重要なポイントなどを「なるほど、〇〇は〇〇なのか」と独り言で話してみてください。

もしくは、誰かに説明するつもりで話かけてみてください。

初めは、恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、「眠くならない」のに加えて、非常に「記憶に残りやすく」なります。

だまされたと思って試してみてください。

⑦ 聴く読書をする

オーディオブックを活用した聴く読書をすることで、眠くならずに本を読む(聴く)方法もあります。

聴く読書の一番のメリットは、「本を持たず」「目も使わず」に、ウォーキングや筋トレ、家事など、身体を動かしながら取り組める点です。
※現物の本を持ちながらでも、身体を動かすことはできますが、オーディオブックの方が便利です。

身体を動かせるため、眠気に襲われずに本を聴くことができます。

⑧ 自身にあったレベルの本を選ぶ

難しい本は理解ができず、思考が停止してしまい、眠くなる傾向があります。

そのため、自身のレベルにあった、理解しやすいレベルの本を選ぶことが重要です。

特に、疲れているときなどは、理解しやすくて、楽しく読み進められる本を選ぶと良いです。

反対に、十分な睡眠が取れていた朝などは、難しい本を読むのに最適です。

⑨ 時間を決めて読む

時間を決めずに長時間、本を読んでいるとどうしても、単調なため眠くなってしまいます。

そこで、時間を決めて集中して本を読むことで、眠気を軽減する方法もあります。

例えば、25分の集中と5分の休憩を繰り返す仕事・学習法である「ポモドーロ・テクニック」を活用するのも1つの方法です。

⑩ カフェインを摂取する

カフェインを含む、コーヒーや紅茶を飲んでから、もしくは飲みながら読書をすると眠気を抑えることができます。

それでも眠くなるときには、「メガシャキ」や「眠眠打破」のような強力な眠気覚ましを使うのも1つの方法です。
※飲み過ぎは身体に良くないため、「どうしても本を読みたいけど眠い」というときだけ使用するようにしましょう。

⑪ ガムを噛む

ガム

ガムを噛んであごを動かすことで、血液を通して脳に酸素が送られ、眠気を解消する効果があります。

⑫ 目薬をさす

目薬

目薬をさすことで、目の疲れを緩和させて眠気を解消する方法もあります。

爽快感のある、刺激の強い目薬であれば、より効果があります。

⑬ 顔を洗う

眠くなる原因の一つとして、体温が高くなっていることが挙げられます。

眠くなったら冷たい水で顔を洗うことで、眠気を解消することができます。

⑭ 部屋の空気を入れ替える

同じ部屋で長い時間読書をしていると、二酸化炭素の濃度が高まり、眠気に襲われます。

よく仕事の会議中に眠くなるのは、同じ原理です。

定期的に部屋の空気を入れ替えることで、二酸化炭素の濃度を下げることができ、眠気の解消につながります。

⑮ 場所を変えて読む

家の中では、どうしてもリラックスしてしまいがちです。

そこで、ベランダや公園、カフェなどで読書をすると、家の中で読書をするよりも眠くならない傾向があります。

⑯ 十分な睡眠を取ってから読書する

睡眠

根本的な話になりますが、仕事が忙しい等の理由で、十分な睡眠(1日7~8時間程度)が取れていないがために眠くなっているケースは多いと思います。

なかなか難しいところではありますが、十分な睡眠を取ることができれば、読書中に眠くなりにくくなります。

また、仕事のパフォーマンス向上等も見込めるため、睡眠時間の確保には積極的に取り組みましょう。

⑰ 朝の眠くない時間帯に読書する

睡眠をしっかり取り、朝起きたタイミングで読書をする場合は、眠くなることはほとんどありません。

また、朝は一日の中で最も脳が冴える時間のため、少し難しい本などにチャレンジするのに最適です。

【読書】本を読むと『眠くなる』理由と対処法をご紹介!!:まとめ

読書をすると(本を読むと)「眠くなる」理由

① リラックス効果がある

② 単純・単調な作業だから

③ 脳が疲れるから

④ 目が疲れるから

⑤ 内容に興味を持てないから

⑥ 本の内容が難しいから

読書をすると「眠くなる」そんなときの対処法17選

① 椅子に座って姿勢を正して読む

② 立ったり座ったりして読む

③ ウォーキングやスクワット、ストレッチをしながら読む

④ メモを取る・マーカーを引くなどしながら読む

⑤ 音読する

⑥ 読みながら声に出してアウトプットする

⑦ 聴く読書をする

⑧ 自身にあったレベルの本を選ぶ

⑨ 時間を決めて読む

⑩ カフェインを摂取する

⑪ ガムを噛む

⑫ 目薬をさす

⑬ 顔を洗う

⑭ 部屋の空気を入れ替える

⑮ 場所を変えて読む

⑯ 十分な睡眠を取ってから読書する

⑰ 朝の眠くない時間帯に読書する

この記事が何か1つでも参考になっていたら幸いです。

貴重なお時間をかけて読んでいただき、ありがとうございました。

読書に集中できない!!集中力が続かない8つの理由と14の対策この記事では、「読書に集中できない」「集中力が続かない」8つの理由と14の対策をご紹介します。...
読書のデメリットは9つ!?8つのメリットとあわせて紹介!!この記事では、読書の「9つのデメリット」と「8つのメリット」をご紹介します。...
オーディブル(Audible/Amazonオーディオブック)
【感動!!】オーディブルの評判と5年間使った感想⇒人生が劇的に変わる【Amazonオーディオブック】オーディブルが「どんなサービスか」「評判(良い・悪い)と5年間使った(1,000時間以上)感想」「どんな人におすすめか」を「初めての人が聴くべき本」とあわせて徹底的にご紹介します。...
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事