フリーランス

開業freeeの『デメリット』は!?評判・口コミも徹底的に紹介!!

悩む人
悩む人
開業freeeを使うか迷っているけど、「デメリット」はあるの?

開業freeeの「評判・口コミ」も知りたい。

この記事では、こんな疑問・要望にお答えします!

・開業freeeの「デメリット」と「メリット」

・開業freeeの「評判・口コミ」

・開業freeeが「どんな人におすすめ」か

・開業freeeでの開業届「作成手順」

開業freeeは、個人事業主・フリーランスになる方が、WEB上で9個ほどの質問に答えるだけ(5~10分)で、開業に必要な書類が作成できる「無料」のサービスです。
「開業freee」公式サイト

筆者は、2021年2月に開業に必要な書類を「開業freee 」で作成して、個人事業主・フリーランスになりました。

開業届・青色申告承認申請書

開業freeeの「デメリット」は?

開業freeeの「デメリット」をご紹介しようとTwitter等で調べましたが、見つかりませんでした。

ですが、なんとか探し出したので、ご紹介したいと思います。
※それぞれ、デメリットと言うデメリットではありませんが、ご容赦ください。

開業freeeの「デメリット」

①「氏名・住所・生年月日等」の登録が必要

② 開業freeeは「無料」だが、「freee株式会社」が提供する関連サービスは有料

③ 開業freeeで作成した書類を郵送する場合、返信用封筒を入れ忘れると控えが戻ってこない

①「氏名・住所・生年月日等」の登録が必要

「氏名・住所・生年月日等」は、開業freeeに限らず、各種サービスを利用する場合に登録が必要な項目のため、特段のデメリットではないと考えます。

「マイナンバー」を開業届に記入する必要がありますが、印刷後に記入して税務署に提出するため、「freee株式会社」に「マイナンバー」を提供する必要はありません。

② 開業freeeは「無料」だが「freee株式会社」が提供する関連サービスは有料

開業freeeは「無料」で開業に必要な書類(開業届、青色申告承認申請書)を作成できるサービスですが、「会計freee」等の関連サービスは「有料」です。

むしろ、会計freee等の関連サービスを利用する際に、開業freeeで登録した情報を活用できるため、他社のサービスを利用するより手間がかかりません。
※「freee株式会社」は、入り口である「開業freee」を「無料」にすることで、自社の各種サービスの利用者拡大を考えていると思われます。

③ 開業freeeで作成した書類を郵送する場合、返信用封筒を入れ忘れると控えが戻ってこない

開業freeeで作成した書類を郵送する場合は、必ず返信用封筒を入れる必要があります。

同封し忘れると控えが返送されないため、税務署に取りに行くことになります。
※税務署に開業届等を持参する場合は、返信用封筒は不要です。

開業freeeの「メリット」は?

開業freeeの「メリット」は以下のとおりです。

開業freeeの「メリット」

①「無料」で開業に必要な書類が作成できる

② 5~10分ほどで開業に必要な書類が作成できる

③ 必要書類が完備された状態で出力される

④ 税務署に行かなくても(書類の郵送で)自宅で開業できる

上記のとおり、開業freeeは「無料」「早い」「簡単」が最大のメリットです。

①「無料」で開業に必要な書類が作成できる

「無料」で開業に必要な「開業届」と「青色申告承認申請書」が作成できるのは助かります。

② 5~10分ほどで開業に必要な書類が作成できる

WEB上で9個ほどの質問に答えるだけ(5~10分ほど)で、開業に必要な書類が作成できます。

どこに何を記入すればいいかで悩むことがないため、非常に助かります。

③ 必要書類が完備された状態で出力される

必要な質問に回答しないと書類が出力できないため、記入漏れ・記入間違いが起こる可能性がほとんどありません。

印刷後に、押印とマイナンバーの記入が必要なため、この2点を注意すれば大丈夫です。

④ 税務署に行かなくても(書類の郵送で)自宅で開業できる

開業freeeは、税務署に行かなくても、必要書類を郵送して自宅で開業できます。

急ぎの場合は、税務署に持っていくことも可能です。

ちなみに私は「保育園継続のための申請」「再就職手当の申請」などの期限があった関係で税務署に持参して、開業日に開業届の控えをもらいました。
※開業届等の書類を受付に提出して15秒くらいで印鑑押印後の控えを返却してもらえました。

>>「開業freee」公式サイト
※「無料」かつ「5~10分」で開業に必要な書類が作成できる

開業freeeの「評判・口コミ」は?

開業freeeの「評判・口コミ」をご紹介します。

開業freeeの「悪い」評判・口コミ

開業freeeの「悪い」評判・口コミをTwitter等で調査して、なんとか見つけ出しましたので、ご紹介します。

開業freeeの「悪い」評判・口コミのまとめ

・手続きが簡単すぎて逆に不安になる

「簡単すぎて不安になる」という口コミが多数投稿されるほど、開業freeeの登録手続きは簡単です。

>>「開業freee」公式サイト
※「無料」かつ「5~10分」で開業に必要な書類が作成できる

開業freeeの「良い」評判・口コミ

開業freeeの「良い」評判・口コミを調査したところ・・・

開業freeeの「良い」評判・口コミのまとめ

・開業届の書類作成があっという間に完了する
※3分で完了、秒速で終わるという口コミもあり

・手書きの申請書だとどこに何を書けばいいかわからないけど、開業freeeは質問に答えれば埋めてくれるので、一切悩まない

・すぐに開業書類が作成できる魅力的なサービスなのに「無料」なのが素晴らしい

上記以外にも、「開業freee簡単すぎる」「一瞬で手続きが終わった」などの良い口コミが多くありました。

>>「開業freee」公式サイト
※「無料」かつ「5~10分」で開業に必要な書類が作成できる

開業freeeはどんな人におすすめ?

開業freeeは以下のような人におすすめです!

開業freeeがおすすめな人

時間をかけず簡単に開業届の必要書類を準備したい人

・できるだけ記入漏れ・誤りをしたくない

複雑な書類への記入が苦手な人

>>「開業freee」公式サイト
※「無料」かつ「5~10分」で開業に必要な書類が作成できる!

>>「開業freee」公式サイト
※「無料」かつ「5~10分」で開業に必要な書類が作成できる

開業freeeで開業届・青色申告承認請求書を作成する手順は?

開業freeeで開業届・青色申告承認請求書を作成する手順は、以下のとおりです。

開業freeeで開業届・青色申告承認請求書を作成する手順

①「開業freee 」の公式サイトにアクセスして「新規登録」を選択

②「メールアドレス」「パスワード」を入力して「同意して登録する」を選択

③ 5つの質問に回答して「次へ」を選択

④ 4つの質問に回答して「書類を提出する」を選択

⑤ 開業届・青色申告承認請求書・宛名を印刷

⑥ 押印・マイナンバーを記入

⑦ 税務署に持参もしくは郵送で提出

①「開業freee」の公式サイトにアクセスして「新規登録」を選択

開業freee の公式サイトにアクセスして「新規登録」を選択します。

②「メールアドレス」「パスワード」を入力して「同意して登録する」を選択

「メールアドレス」「パスワード」を入力して「同意して登録する」を選択します。

※Googleアカウント等を使って会員登録することもできます。

③ 5つの質問に回答して「次へ」を選択

5つの質問に回答して「次へ」を選択します。

④ 4つの質問に回答して「書類を提出する」を選択

4つの質問に回答して「書類を提出する」を選択します。

⑤ 開業届・青色申告承認請求書・宛名を印刷

開業届・青色申告承認請求書・宛名を印刷します。

⑥ 押印・マイナンバーを記入

開業届・青色申告承認申請書

開業届・青色申告承認請求書にそれぞれ押印をします。

また、開業届には、マイナンバーを忘れずに記入しましょう。

※開業届の控えにもマイナンバーの記入欄がありますが、記入する必要はありません。

⑦ 税務署に持参もしくは郵送で提出

税務署

最後に、開業届・青色申告承認請求書(控え含む)を「税務署に持参」もしくは「郵送で提出」します。

メリットにも記載しましたが、私は「保育園継続のための申請」「再就職手当の申請」などの期限があった関係で税務署に持参して、開業日に開業届の控えをもらいました。
※開業届等の書類を受付に提出して15秒くらいで印鑑押印後の控えが返却してもらえました。

郵送の場合、返却されるまで1週間程度かかるため、急ぎで開業届の控えが必要な場合には、税務署に持参するようにしましょう。

個人事業主・フリーランスは保育園を継続できる!?【体験談/会社を退職して】この記事では、会社員から「個人事業主・フリーランス」になっても保育園は継続できるかと、保育園を継続するうえで必要な対応をご紹介します。...
再就職手当は開業で『もらえない』!?【個人事業主・フリーランス】この記事では、個人事業主・フリーランスとして開業した場合、再就職手当が「もらえる」のか「もらえない」のかと、再就職手当の受給要件・受給の手順・ポイントをご紹介します。...

開業freeeの『デメリット』は!?評判・口コミも徹底的に紹介!!:まとめ

開業freeeの「デメリット」

①「氏名・住所・生年月日等」の情報を登録する必要がある
※開業freeeに限らず、同様のサービスを利用する場合に登録が必要な項目

② 開業freeeは「無料」だが、「freee株式会社」が提供する関連サービスは有料のものもある
※開業freee自体は一切料金はかからない

③ 開業freeeで作成した書類を郵送する場合、返信用封筒を入れ忘れると控えが戻ってこない
※税務署に取りに行く必要があり(税務署に持参する場合は、返信用封筒は不要)

開業freeeの「メリット」

①「無料」で開業に必要な書類が作成できる
※開業届、青色申告承認申請書

② 5~10分ほどで開業に必要な書類が作成できる
※簡単な質問に回答するだけで書類ができるため、どこに何を書くか悩まなくてよい

③ 必要書類が完備された状態で出力される
※必要な質問に回答しないと書類が出力できないため、記入漏れ・記入間違いが起こらない

④ 税務署に行かなくても(書類の郵送で)自宅で開業できる
※急ぎの場合などは、税務署に持っていくことも可能

開業freeeの「悪い」評判・口コミのまとめ

・手続きが簡単すぎて逆に不安になる

開業freeeの「良い」評判・口コミのまとめ

・開業届の書類作成があっという間に完了する
※3分で完了、秒速で終わるという口コミもあり

・手書きの申請書だとどこに何を書けばいいかわからないけど、開業freeeは質問に答えれば埋めてくれるので、一切悩まない

・すぐに開業書類が作成できる魅力的なサービスなのに「無料」なのが素晴らしい

開業freeeがおすすめな人

時間をかけず簡単に開業届の必要書類を準備したい人

・できるだけ記入漏れ・誤りをしたくない

複雑な書類への記入が苦手な人

開業freeeで開業届・青色申告承認請求書を作成する手順

①「開業freee 」の公式サイトにアクセスして「新規登録」を選択

②「メールアドレス」「パスワード」を入力して「同意して登録する」を選択

③ 5つの質問に回答して「次へ」を選択

④ 4つの質問に回答して「書類を提出する」を選択

⑤ 開業届・青色申告承認請求書・宛名を印刷

⑥ 押印・マイナンバーを記入

⑦ 税務署に持参もしくは郵送で提出

開業freeeは「無料」「早い」「簡単」の3拍子が揃った素晴らしいサービスです。

これから開業届を作成・提出予定で、忙しい方は、開業freeeで書類を作成して時間を有効活用しましょう!

>>「開業freee」公式サイト
※「無料」かつ「5~10分」で開業に必要な書類が作成できる

この記事が何か1つでも参考になっていたら幸いです。

貴重なお時間をかけて読んでいただき、ありがとうございました。

再就職手当は開業で『もらえない』!?【個人事業主・フリーランス】この記事では、個人事業主・フリーランスとして開業した場合、再就職手当が「もらえる」のか「もらえない」のかと、再就職手当の受給要件・受給の手順・ポイントをご紹介します。...
個人事業主・フリーランスは保育園を継続できる!?【体験談/会社を退職して】この記事では、会社員から「個人事業主・フリーランス」になっても保育園は継続できるかと、保育園を継続するうえで必要な対応をご紹介します。...
【完全版!!】フリーナンスの評判・デメリットは!?【怪しいかも解説】フリーナンスの「サービス内容」「評判・口コミ」「デメリット・メリット」「登録方法」やフリーナンスが「どんな人におすすめか」「怪しいのか」を丁寧に解説します。...
再就職手当は開業で『もらえない』!?【個人事業主・フリーランス】この記事では、個人事業主・フリーランスとして開業した場合、再就職手当が「もらえる」のか「もらえない」のかと、再就職手当の受給要件・受給の手順・ポイントをご紹介します。...
【2021最新!!】フリーランス報酬前払いサービス3選【ファクタリング/即日払い対応!!】フリーランスの報酬を前払い(先払い)の「仕組み」「メリット・デメリット」「サービス3選」をご紹介します。...
フリーランスエージェントで支払いサイトが短い6社【2021最新版】フリーランスエージェントの「支払いサイトとは何か」「支払いサイトが短いサービスはどれか」「支払いサイトが長い場合の対策」をご紹介します。...

https://hiroaki-room.com/freelance-agent-writers

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事