フリーランス

【完全版!!】フリーナンスの評判・デメリットは!?【怪しいかも解説】

悩む人
悩む人
フリーナンスがどんなサービスか知りたい。

フリーナンスの「評判・口コミ」と「デメリット・メリット」を知りたい。

フリーナンスが『怪しい』かも知りたい?

この記事では、こんな疑問・要望に丁寧にお答えします!

・フリーナンスとは「どのようなサービス」か

・フリーナンスの「評判・口コミ」「デメリット・メリット

・フリーナンスは「どんな人におすすめ」か

・フリーナンスの「登録方法」「登録後の即日払いまでの流れ

・フリーナンスの「よくある質問」(怪しいのか、審査落ちの理由など)

「フリーナンス」を簡単に教えて!!

フリーランス・個人事業主のための「お金」と「保険」のサービス

登録料・会費が「無料

・ 登録すると、報酬の「即日払い」が可能となる(手数料3~10%)
※最短で会員登録したその日に即日払い可能

また、フリーランス特有の事故「無料」で補償(最高5,000万円)

「無料」で補償が確保できるため「怪しい」と思われることがある

・フリーランスが必要とする「報酬の即日払い」と「事故の補償」を1つのサービスにすることで「無料」での補償を実現

即日払いの「手数料」を「補償の費用」に充当

「フリーナンス」公式サイト ※登録料・月額費用無料!手続きは5分で完了

>>「フリーナンス(FREENANCE)」の「無料」登録はこちら

フリーナンスとはどのようなサービスか?

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金」と「保険」のサービスです。

フリーナンスの特徴とサービス

① 登録料・会費が「無料」

② 請求書を現金化して即日払い(手数料3~10%)

③ あんしん補償/フリーランス特有の事故を補償(無料)

④ あんしん補償プラス/ケガ・病気での入院時の所得補償(有料)

⑤ プロフィール機能(無料)

① 登録料・会費が「無料」

フリーナンスは「登録料・会費」が「無料」です。

② 請求書を現金化して即日払い(手数料3~10%)

フリーナンスには、請求書を現金化して「即日払い(報酬を先払い)」するサービスがあります。
※利用するには「会員登録」と「フリーナンス振込専用口座(GMOあおぞらネット銀行)の開設」が必要
※現金化できる請求書の金額は1万円~1000万円まで

手数料3~10%」で利用できます。
※手数料はフリーナンス専用口座への振込実績等が多いほど安くなります。

即日払いサービスのイメージは、以下のとおりです。

1. フリーナンス口座を記載した請求書を送付 2. 即日払いを申請 3. 審査後、個人口座へ即日払い 4.支払い期日までにフリーナンス口座に入金フリーナンス公式サイト

取引先の報酬の支払いに時間がかかる」「現金が手元にない!」といういざというときに非常に助かるサービスです。

報酬を支払う会社は、納品物のチェック期間を長く設定して、トラブルを回避するようにしています。そのため、納品から報酬の支払いまでに30~60日程度かかるのが一般的です。

無料で登録・口座開設ができるため、事前に登録しておけば、急遽現金が必要になった際にすぐに利用ができて便利です。

>>「フリーナンス(FREENANCE)」の「無料」登録で即日払いの準備をする
※月額費用も無料!最短で会員登録したその日に即日払い可能!

③ あんしん補償/フリーランス特有の事故を補償(無料)

事故

フリーナンスに会員登録するだけで、フリーランス特有の様々な事故を「無料」で補償してくれます。

あんしん補償の内容
事故の種類 1事故の補償限度額
業務遂行上の事故 最高5,000万円
仕事の結果の事故 最高5,000万円
受託物の事故 最高500万円
情報漏えい 最高500万円
著作権侵害 最高500万円
納品物の瑕疵 最高500万円
納期遅延 最高500万円

※補償は業界大手の損害保険会社である「損害保険ジャパン株式会社」が行います。

正直、「無料」でここまでの補償が確保できるのは、フリーランスにとってメリットが非常に大きいです。

通常、これだけの補償を受ける場合に費用負担が発生します。
フリーランス協会の場合、会員になると損害賠償補償を受けられますが、年会費1万円が必要です。

フリーランスは会社員と異なり、個人で負担することが困難な金額を損害賠償請求される可能性もあります

万が一の事故・損害賠償請求はいつ起こるか誰にもわかりません。

補償の確保・対策を十分にしていない場合には、自身の身を守るためにも登録だけでもしておきましょう。
※会員として承認された月の翌月15日以降に発生した事故から補償対象となります。登録は早めにしておきましょう。

④ あんしん補償プラス/ケガ・病気での入院時の所得補償(有料)

怪我・病気による入院

フリーナンスでは、より充実した補償を確保したい方のために、ケガ・病気で働けなくなったときの所得補償(最長1年間の所得を補償)を追加することができます。(有料)

※「受け取りたい月額」をあらかじめ設定して最長1年間受け取れる補償です。
※ 別途、団体加入費として年額3,000円(非課税)が必要です。

あんしん補償プラスの特徴

医師の審査が不要

・個別加入(フリーナンスAWS協会加入)より約60%割引(団体割引)

・業務上に加えて、レジャーや旅行、天災(地震等)などによるケガも補償

・365日・24時間補償

⑤ プロフィール機能(無料)

プロフィール

フリーナンスには、取引先に提示可能なプロフィール機能のサービス(無料)も含まれています。

フリーナンスに登録してプロフィール機能を活用することで、取引先にフリーランスとして「本人確認」「反社チェック済」であることを証明できます。

取引先に「社会的信用」に繋がる証跡を提示できるようになるのは、非常に大きいです。

フリーナンスの評判・口コミは?

フリーナンスの「悪い評判(口コミ)」「良い評判(口コミ)」それぞれをご紹介します。

フリーナンスの「悪い評判(口コミ)」

フリーナンスの「悪い評判(口コミ)」をまとめると以下のとおりです。

フリーナンスの「悪い評判(口コミ)」

・即日払い利用時の手数料(3~10%)が高い

・対フリーランス(個人)の仕事では利用できない(対法人が対象)

手数料に関しては、各人の置かれている状況によるのかなぁと。

一刻も早く報酬を受け取りたい人にとっては、手数料3~10%は高くはないかと思います。

また、個人間での取引では、即日払いのサービスは利用できない点は注意が必要です。
(マネーロンダリング防止のため利用できない)

フリーナンスの「良い評判(口コミ)」

フリーナンスの「良い評判(口コミ)」をまとめると以下のとおりです。

フリーナンスの「良い評判(口コミ)」

・申込から審査完了までが早い

・メール対応が早い

・振込が早い

・無料で充実の補償が付くのが素晴らしい

・事業者口座を保有している証明(社会的信用の証明)ができて助かる

・プロフィールページが作れて便利

「各種対応が早く」「無料での補償を受けられ」「社会的信用にもつながる」ため、多くのフリーランスが魅力を感じています。

フリーナンスのデメリット・メリットは?

フリーナンスの「デメリット」と「メリット」それぞれをご紹介します。

フリーナンスの「デメリット」

フリーナンスのデメリットは、以下のとおりです。

フリーナンスのデメリット

即日払いを利用する場合に手数料(3~10%)がかかる

個人間の取引は対象外(即日払い・あんしん補償ともに)

③ 振込専用口座から報酬を自由に引き出せない(最大1週間のタイムラグ)
メインバンクをGMOあおぞらネット銀行に設定すれば、振込専用口座から毎日振り込まれます

④ 振込金額が大きい場合に請求書の登録が必要な場合がある

① 即日払いを利用する場合に手数料がかかる

即日払いを利用する場合には3~10%の手数料がかかります。

ただ、資金繰りに困っているなどで、いち早く報酬を受け取りたい場合には、十分に許容範囲の手数料だと考えます。

また、振込専用口座(即日払い)を使えば使うほど、与信スコアがアップして、手数料が安くなっていきます。

② 個人間の取引は対象外

即日払いサービス、あんしん補償サービスともに、個人間での取引は対象外となります。

即日払いサービスの利用は、法人口座からの振込のみが対象です。

個人間での取引にフリーナンス口座は使用できますか?

個人間の取引には、ご利用いただけません。

フリーナンス口座は、利用規約上またマネーロンダリング防止の観点から、法人口座からの振り込みのみ受け付けております。

上記の理由により、個人・個人事業主がクライアントとなる請求書の即日払いのご利用もお断りさせていただいております。

【引用】フリーナンス公式サイト よくある質問

※例外として、クラウドソーシングサービス(ランサーズ)を介した個人間の取引は、フリーナンスの振込専用口座に指定できます。

③ 振込専用口座から報酬を自由に引き出せない

メインバンク(受取口座)をGMOあおぞらネット銀行にしていない場合は、毎週金曜日(+月初・月末の営業日)にフリーナンスの振込専用口座からメインバンクに報酬が振替えされます。

そのため、最大で1週間ほど資金を引き出せない期間が生じます。

一方で、メインバンク(受取口座)をGMOあおぞらネット銀行にしている場合は、平日でも毎日振替えされます

※上記内容は「フリーナンス公式サイト よくある質問」に掲載されています。

④ 振込金額が大きい場合に請求書の登録が必要な場合がある

振込金額が少額の場合には、請求書の登録は必須ではありません。

一方で、フリーナンス専用口座への入金額が大きい場合などは、請求書などの提出が必要となる場合あります。

フリーナンス口座に入金予定の請求書は必ず登録する必要がありますか?

いいえ。必ず登録する必要はありません。

ただし、極端に入金額が多かったり、そのほか、当社が不適切な入金であると判断したりした場合は、あなたのメインバンクへの振替を一時見合わせて請求書などの追加書類の提出をお願いする場合があります。

【引用】フリーナンス公式サイト よくある質問

フリーナンスの「メリット」

フリーナンスのメリットは、以下のとおりです。

フリーナンスのメリット

① 「無料」で損害賠償補償が受けられる(あんしん補償)

事業用口座を「無料」で開設できる(出金手数料も無料)

③ 急ぎで現金が必要なときに「即日払い」が利用できる

④ 資金繰りが厳しいときに即日払いを利用することで事業継続につながる

取引先に知られることなく、即日払いを利用可能(伝えることもできる)

⑥ 継続利用で手数料負担を抑えられる(10%⇒最大3%まで)

⑦ あんしん補償・本人確認・反社チェック済のため、取引先に安心・信頼してもらえる

⑧ 取引先に信頼してもらえることで仕事を獲得しやすくなる

大手のGMOグループが運営しているため安心感がある

開業1年目でもサービスを利用可能

① 「無料」で損害賠償補償が受けられる

「無料」で損害賠償補償(あんしん補償)が受けられるのはフリーナンスに加入する大きなメリットです。

フリーランス協会の場合、会員になると損害賠償補償を受けられますが、年会費1万円が必要です。

② 事業用口座を「無料」で開設できる

フリーランスは、会計管理や税務の面から事業用口座を持つべきです。

フリーナンスに登録することで、事業用口座を「無料」で開設できるのもメリットの1つです。(出金手数料も無料)

③ 急ぎで現金が必要なときに「即日払い」が利用できる

通常、資金不足で銀行から融資を受けるとなると、手続きから融資を受けるまでに時間がかかります。

一方でフリーナンスは、事前に登録しておくことで、急に資金が必要になった場合などに、報酬の「即日払い(前払い・先払い)」を利用できます。

④ 資金繰りが厳しいときに即日払いを利用することで事業継続につながる

銀行からの融資が間に合わないような場合、最悪のケースだと事業継続ができなくなることもあります。(黒字倒産もありえる)

一方、フリーナンスに登録をしておき、「即日払い」を利用することで資金繰り問題の解消・事業継続に繋げることもできます。

⑤ 取引先に知られることなく、即日払いを利用可能(伝えることもできる)

以前は、フリーナンス振込専用口座の口座名義の末尾に「/GMOCN」が必ず表示されていました。(ネット検索されたらフリーナンスを利用していることが取引先に知られてしまった)

しかし、2019年9月より、末尾の「/GMOCN」を自由に削除できるようになり、取引先に知られずにフリーナンスを利用できるようになりました。

⑥ 継続利用で手数料負担を抑えられる(10%⇒最大3%まで)

フリーナンスの振込専用口座(即日払い)を使えば使うほど、与信スコアがアップして、手数料が安くなっていきます。

⑦ あんしん補償・本人確認・反社チェック済のため、取引先に安心・信頼してもらえる

フリーナンスのあんしん補償は、取引先にも損害も補償します。

また、フリーナンスの登録が完了していることは、本人確認済で反社会的勢力データベースに載っていないことの証明になります。

つまり、フリーナンスに登録することで、様々な面で取引先に安心・信頼してもらうことができます。

⑧ 取引先に信頼してもらえることで仕事を獲得しやすくなる

最終的には、仕事の質や対応で信頼を勝ち取りますが、フリーナンスに登録しておくことで、フリーランスとしての入り口の部分の信頼を得ることができます。

⑨ 大手のGMOグループが運営しているため安心感がある

やはり、運営会社が大手グループ会社(GMOなど)だと安心感があります。

これは、利用者だけでなく、取引先にとっても同じことが言えます。

⑩ 開業1年目でもサービスを利用可能

開業1年目の方で、フリーナンスが利用できたという口コミもあります。

フリーナンスの「メリット」「デメリット」まとめ

デメリットもありますが、それ以上に多くのメリットがあるため、フリーランスでまだ登録していない方は、この機会に登録を検討してみてはいかがでしょうか。

フリーナンスはどんな人におすすめ?

フリーナンスは以下のような人におすすめです。

フリーナンスがおすすめな人

資金繰りに困っているフリーランス

補償の対策が十分でないフリーランス

職業柄さまざまなリスクを伴うフリーランス

④ 社会的信用の証明で困っているフリーランス

上記のいずれかに当てはまる場合には、「無料」ですので、いざという時のために、事前に登録しておいてはいかがでしょうか。

フリーナンスの登録方法は?

フリーナンスの登録方法は、以下のとおりです。

フリーナンスの登録方法

① 「フリーナンス(FREENANCE)」公式サイト 」の「新規登録」を選択

② 会員登録画面で「メールアドレス」を入力して「無料会員登録」

③ 登録アドレス宛に届いたメールの「URL」を選択して「パスワード」を設定

フリーナンス(FREENANCE)」公式サイト の「ログイン」を選択して「電話番号」を入力後にスマホに届いた「認証コード」を入力

⑤ 「利用者情報」「口座情報」の入力と「身分証明書(顔写真付き)」の登録して完了
※身分証明書(顔写真付き)は、自身と証明書が写っている画像を登録します。

以下のフリーナンス公式のyoutube動画でも、登録方法を確認できます。

早ければ、登録完了後、3時間ほどで審査・会員登録が完了します!

フリーナンス登録後の即日払いまでの流れ

フリーナンス登録後の即日払いまでの流れは、以下のとおりです。

フリーナンス登録後の即日払いまでの流れ

① 取引先(クライアント)に請求書を送付
※請求書には、必ずフリーナンスが指定した「専用口座」を記載します。

② フリーナンスに請求書を登録
※「フリーナンス(FREENANCE)」公式サイト」でログイン後、「請求書の新規登録」より請求書情報の入力と請求書データをアップロードします。

③ 「①②」をもとにフリーナンスにて審査

④ 「③」で承認後に支払い
※請求書の金額から手数料を差し引いた金額がフリーナンスの専用口座に振り込まれます。

フリーナンスのよくある質問

フリーナンスに関する、よくある質問をいくつかご紹介します。

フリーナンスのあんしん補償はなぜ無料?

「即日払いの手数料(3~10%)」で保険の費用をカバーしているからです。

※2021年1月時点では、即日払いの手数料で収益を確保する仕組みですが、今後はベースとなるサービスを充実させて、月額費用制を取り入れることも検討しているようです。

フリーナンスは怪しい?

当記事でご紹介のとおり、怪しくありません。

フリーナンスを「怪しいのでは?」と感じている方は、フリーナンスの「サービス内容」「ビジネスモデル」「運営会社」等を知らずに「無料で補償が確保できる」などの一部の情報のみで判断をしている傾向があります。

フリーナンスで「審査落ち」するのはどのような場合?

・反社会的勢力に該当している

・GMO関連サービスを利用していて、不払い等の不祥事が起きたことがある

・クライアントが審査に通らなかった

・請求書や納品書、契約書などのエビデンスが十分でない

・請求書が正当でない(加工しているなど)

・初回利用のクライアントが多数申請された など

ただ、フリーナンスの審査に落ちることで、クレジットカードのように、個人の信用に影響はでないため、無料登録してみることをおすすめします。

【完全版!!】フリーナンスの評判・デメリットは!?【怪しいかも解説】:まとめ

フリーナンスは「無料」で補償が確保できるため、「怪しい」と思われることがありますが、「報酬の即日払い」と「事故の補償」を1つのサービスにすることで「無料」での補償提供を実現しています。
即日払いの「手数料」を「補償の費用」に充当

フリーナンスの特徴とサービス

① 登録料・会費が「無料」

② 請求書を現金化して即日払い(手数料3~10%)

③ あんしん補償/フリーランス特有の事故を補償(無料)

④ あんしん補償プラス/ケガ・病気での入院時の所得補償(有料)

⑤ プロフィール機能(無料)

フリーナンスの「悪い評判(口コミ)」

・即日払い利用時の手数料(3~10%)が高い

・対フリーランス(個人)の仕事では利用できない(対法人が対象)

フリーナンスの「良い評判(口コミ)」

・申込から審査完了までが早い

・メール対応が早い

・振込が早い

・無料で充実の補償が付くのが素晴らしい

・事業者口座を保有している証明(社会的信用の証明)ができて助かる

・プロフィールページが作れて便利

フリーナンスのデメリット

即日払いを利用する場合に手数料(3~10%)がかかる

個人間の取引は対象外(即日払い・あんしん補償ともに)

③ 振込専用口座から報酬を自由に引き出せない(最大1週間のタイムラグ)
メインバンクをGMOあおぞらネット銀行に設定すれば、振込専用口座から毎日振り込まれます

④ 振込金額が大きい場合に請求書の提出が必要な場合がある

フリーナンスのメリット

① 「無料」で損害賠償補償が受けられる(あんしん補償)

事業用口座を「無料」で開設できる(出金手数料も無料)

③ 急ぎで現金が必要なときに「即日払い」が利用できる

④ 資金繰りが厳しいときに即日払いを利用することで事業継続につながる

取引先に知られることなく、即日払いを利用可能(伝えることもできる)

⑥ 継続利用で手数料負担を抑えられる(10%⇒最大3%まで)

⑦ あんしん補償・本人確認・反社チェック済のため、取引先に安心・信頼してもらえる

⑧ 取引先に信頼してもらえることで仕事を獲得しやすくなる

大手のGMOグループが運営しているため安心感がある

開業1年目でもサービスを利用可能

フリーナンスがおすすめな人

資金繰りに困っているフリーランス

補償の対策が十分でないフリーランス

職業柄さまざまなリスクを伴うフリーランス

④ 社会的信用の証明で困っているフリーランス

フリーナンスの登録方法

① 「フリーナンス(FREENANCE)」公式サイト 」の「新規登録」を選択

② 会員登録画面で「メールアドレス」を入力して「無料会員登録」

③ 登録アドレス宛に届いたメールの「URL」を選択して「パスワード」を設定

フリーナンス(FREENANCE)」公式サイト の「ログイン」を選択して「電話番号」を入力後にスマホに届いた「認証コード」を入力

⑤ 「利用者情報」「口座情報」の入力と「身分証明書(顔写真付き)」の登録して完了
※身分証明書(顔写真付き)は、自身と証明書が写っている画像を登録します。

フリーナンス登録後の即日払いまでの流れ

① 取引先(クライアント)に請求書を送付
※請求書には、必ずフリーナンスが指定した「専用口座」を記載します。

② フリーナンスに請求書を登録
※「フリーナンス(FREENANCE)」公式サイト」でログイン後、「請求書の新規登録」より請求書情報の入力と請求書データをアップロードします。

③ 「①②」をもとにフリーナンスにて審査

④ 「③」で承認後に支払い
※請求書の金額から手数料を差し引いた金額がフリーナンスの専用口座に振り込まれます。

「フリーナンス」公式サイト ※登録料・月額費用無料!手続きは5分で完了

>>「フリーナンス(FREENANCE)」の「無料」登録はこちら

この記事が何か1つでも参考になっていたら幸いです。

貴重なお時間をかけて読んでいただき、ありがとうございました。


>>「フリーナンス(FREENANCE)」の「無料」登録はこちら
※月額費用も無料!

【2021最新!!】フリーランス報酬前払いサービス3選【ファクタリング/即日払い対応!!】フリーランスの報酬を前払い(先払い)の「仕組み」「メリット・デメリット」「サービス3選」をご紹介します。...
フリーランスエージェントで支払いサイトが短い6社【2021最新版】フリーランスエージェントの「支払いサイトとは何か」「支払いサイトが短いサービスはどれか」「支払いサイトが長い場合の対策」をご紹介します。...
【厳選3社!!】フリーランスエージェント!!WEBライター向けのおすすめは!?「WEBライター」の案件があるおすすめのフリーランスエージェント3社をご紹介します。フリーランスエージェント「30社以上」を対象に「WEBライター向けの案件数」を確認・調査して掲載しています。...
このエントリーをはてなブックマークに追加