フリーランス

【2021最新!!】フリーランス報酬前払いサービス3選【ファクタリング/即日払い対応!!】

悩む人
悩む人
フリーランスの報酬を「前払い(先払い)」してくれるサービスを知りたい。

この記事では、こんな要望にお答えします。

・フリーランスの報酬を前払い(先払い)の「仕組み」(ファクタリング)

・フリーランスが報酬を前払い(先払い)してもらう「メリット・デメリット」

・フリーランス向けの報酬前払い(先払い)「サービス3選」(選定基準あり)

ひろあき
ひろあき
この記事では、報酬前払い(ファクタリング)サービスを提供している20社以上を徹底的に調査して、「フリーランス向け」にサービスを提供している会社を3社厳選してご紹介しています。

※大半が「企業向け」で「フリーランス向け」のサービスを提供している会社は限られています。

フリーランス報酬前払いサービス3選

FREENANCE(フリーナンス)
最短30分未満で支払い
・実績最多・無料で損害賠償補償を確保できる

yup(ヤップ)
パートナー企業多数・徐々に実績を伸ばしている

MSFJフリーランス向けファクタリングサービス
最短60分で支払い

この中で1社を選定するならば、支払いスピード、実績等で優れているFREENANCE(フリーナンス) 」がおすすめです。

▼無料会員登録

フリーランスの報酬を前払い(先払い)の仕組みは?

報酬前払いの仕組みは、サービス提供会社が請求書(売掛債権)を買い取り、現金化して最短即日で前払いしてくれるというものです。

フリーランスが報酬を前払い(先払い)してもらうメリット・デメリットは?

フリーランスが報酬を前払い(先払い)してもらう「メリット・デメリット」それぞれをご紹介します。

フリーランスが報酬を前払い(先払い)してもらうメリット

報酬を前払い(先払い)してもらう一番のメリットは「取引先の報酬の支払いに時間がかかり、現金が手元にない」という問題を解決できる点です!

受注した案件の一部(デザインのみ等)を外注する場合など、できるだけ早く報酬を受け取りたいときもあるかと思います。

そんなときに、報酬を前払い(先払い)してもらえるサービスは非常に役立ちます!

フリーランスが報酬を前払い(先払い)してもらうデメリット

報酬を前払い(先払い)してもらうデメリットは、やはり手数料が3~10%程度かかる点です。

ただ、どうしても資金が必要なときには、多少の手数料がかかったとしても、利用する価値のあるサービスだと考えます。

報酬を支払う会社は、納品物のチェック期間を長く設定して、トラブルを回避するようにしています。そのため、納品から報酬の支払いまでに30~60日程度かかるのが一般的です。

フリーランス向けの報酬前払い(先払い)サービス3選

フリーランス向けの報酬前払い(先払い)サービスを3つご紹介します。

まず、サービスの選定基準は以下のとおりです。

サービスの「選定基準」

フリーランスの前払い(先払い)に特化

最短即日払い

③ サービスの利用(前払いしたこと)を取引先に知られない

オンラインで完結

全国対応

それでは、20以上ある報酬前払い(ファクタリング)サービスの中から、上記の基準をクリアした3つのサービスを見ていきましょう!

報酬前払い(ファクタリング)サービスを提供している会社は多い(20社以上)のですが、大半が「企業向け」「フリーランス向け」のサービスを提供している会社は限られています

フリーランス向けの報酬前払い(先払い)サービス3選
No. サービス名 特徴
1 FREENANCE(フリーナンス) ・請求書を買い取り後、最短30分未満で支払い
2018年10月からサービス提供していて実績最多
・利用実績に応じて手数料が安くなる(10~3%
・登録・口座開設で無料で損害賠償補償が付いてくる(最高5,000万)
2 yup(ヤップ) ・請求書を買い取り後、最短60分で支払い
・2019年9月からサービス提供

・手数料は一律10%
パートナー企業が多数(三菱UFJ、セブン銀行、マネーフォワードなど)
3 MSFJフリーランス向けファクタリングサービス ・請求書を買い取り後、最短60分で支払い
・2019年12月からサービス提供
・利用実績に応じて手数料が安くなる(10~3%

の中で1社を選定するならば、支払いスピード、実績、手数料等で優れているFREENANCE(フリーナンス) 」がおすすめです。

① FREENANCE(フリーナンス)

「フリーナンス」の運営会社・サービス内容
運営会社 GMOクリエイターズネットワーク株式会社
設立 2002年4月
サービス提供 2018年10月~
対象 フリーランス
対応エリア 全国
対応可能額 1万~1,000万円(税込)/件
手数料 3~10%
入金 最短即日(12時以降は翌営業日)
最短30分未満で支払い(参照:FREENANCE MAG
その他の特徴 無料で損害賠償補償の付帯あり(最高5,000万)

▼無料会員登録>>「FREENANCE(フリーナンス)」公式サイト

② yup(ヤップ)

「yup(ヤップ)」の運営会社・サービス内容
運営会社 yup株式会社
設立 2019年2月
サービス提供 2019年9月~
対象 フリーランス
対応エリア 全国
対応可能額 1万~10万円(税込)/件
手数料 10%(一律)
入金 最短即日(12時以降は翌営業日)
※請求書を買い取り後、最短60分で支払い
その他の特徴

③ MSFJフリーランス向けファクタリングサービス

「MSFJフリーランス向けファクタリングサービス」の運営会社・サービス内容
運営会社 MSFJ株式会社
設立 2015年11月
サービス提供 2019年12月~
対象 フリーランス
対応エリア 全国
対応可能額 10万~500万円(税込)/件
手数料 3~10%
入金 最短即日(12時以降は翌営業日)
※請求書を買い取り後、最短60分で支払い
その他の特徴

フリーランスの報酬「前払い(先払い)」サービス3選:まとめ

報酬を前払い(先払い)してもらう一番のメリットは「取引先の報酬の支払いに時間がかかり、現金が手元にない」という問題を解決できる点です。

デメリットは、やはり手数料が3~10%程度かかる点ですが、どうしても資金が必要なときには、多少の手数料がかかったとしても、利用する価値のあるサービスです!

サービスの「選定基準」

フリーランスの前払い(先払い)に特化

最短即日払い

③ サービスの利用(前払いしたこと)を取引先に知られない

オンラインで完結

全国対応

フリーランス向けの報酬前払い(先払い)サービス3選
No. サービス名 特徴
1 FREENANCE(フリーナンス) ・請求書を買い取り後、最短30分未満で支払い
2018年10月からサービス提供していて実績最多
・利用実績に応じて手数料が安くなる(10~3%
・登録・口座開設で無料で損害賠償補償が付いてくる(最高5,000万)
2 yup(ヤップ) ・請求書を買い取り後、最短60分で支払い
・2019年9月からサービス提供

・手数料は一律10%
パートナー企業が多数(三菱UFJ、セブン銀行、マネーフォワードなど)
3 MSFJフリーランス向けファクタリングサービス ・請求書を買い取り後、最短60分で支払い
・2019年12月からサービス提供
・利用実績に応じて手数料が安くなる(10~3%

この中で1社を選定するならば、支払いスピード、実績、手数料等で優れているFREENANCE(フリーナンス) 」がおすすめです。

▼無料会員登録
>>「FREENANCE(フリーナンス) 」公式サイト

この記事が何か1つでも参考になっていたら幸いです。

貴重なお時間をかけて読んでいただき、ありがとうございました。

【完全版!!】フリーナンスの評判・デメリットは!?【怪しいかも解説】フリーナンスの「サービス内容」「評判・口コミ」「デメリット・メリット」「登録方法」やフリーナンスが「どんな人におすすめか」「怪しいのか」を丁寧に解説します。...
フリーランスエージェントで支払いサイトが短い6社【2021最新版】フリーランスエージェントの「支払いサイトとは何か」「支払いサイトが短いサービスはどれか」「支払いサイトが長い場合の対策」をご紹介します。...
【厳選3社!!】フリーランスエージェント!!WEBライター向けのおすすめは!?「WEBライター」の案件があるおすすめのフリーランスエージェント3社をご紹介します。フリーランスエージェント「30社以上」を対象に「WEBライター向けの案件数」を確認・調査して掲載しています。...
関連記事