仮想通貨

コインチェックの「入金・仮想通貨(ビットコイン等)の購入方法」を解説【画像付き】

仮想通貨(暗号資産)

悩む人
悩む人
『コインチェック』の「日本円の入金方法」「仮想通貨(ビットコイン等)の購入方法」が知りたい。

・できれば、「画像付き」でわかりやすく解説してほしい。

この記事では、こんな疑問にお答えします!

『コインチェック』の口座開設後の「入金・仮想通貨(暗号資産)の購入方法」(画像付き)

コインチェックの日本円の「入金方法」は?

コインチェックの日本円の入金方法は、以下の3種類です。

コインチェックの日本円の入金方法

① 銀行振込

② コンビニ入金

③ クイック入金

2022年7月29日時点では、「コンビニ入金」と「クイック入金」が一時停止しているため、「銀行振込」での対応が必要です。

それでは、各入金方法の詳細・手順をご紹介します。

① 銀行振込

銀行

コインチェックの銀行振込での日本円の入金方法・手順は、以下のとおりです。

コインチェックの銀行振込での日本円の入金方法・手順

❶「コインチェック 」にログイン後、ホーム画面左側の「ウォレット」を選択

❷ ウォレットの下層の「日本円の入金」を選択

❸ 指定の銀行口座に振り込み(GMOあおぞらネット銀行・住信SBIネット銀行のいずれか)

※当記事では、PCのブラウザでの手順をご紹介します。

銀行名(GMOあおぞらネット銀行・住信SBIネット銀行)を選択することで、振込口座の情報が切り替わります。

住信SBIネット銀行を利用する場合は、振込人名義に7桁の数字が必要です。
(例)1234567 ヤマダ タロウ

万が一、振込人名義を誤ってしまった際には、コインチェックの日本円入金専用フォームに個別に連絡をして対応してもらう必要があります。

② コンビニ入金

コンビニATM

2022年7月13日より、コンビニ入金は一時停止しています。

理由としては、より安全にサービスを利用できる環境を提供するためとのことです。
※再開時期は現時点では未定

そのため、現在は銀行振込で入金する必要があります。

お知らせ:「コンビニ入金」「クイック入金」の一時停止について:コインチェック公式

③ クイック入金

スピード

2022年7月13日より、クイック入金は一時停止しています。

理由としては、より安全にサービスを利用できる環境を提供するためとのことです。
※再開時期は現時点では未定

そのため、現在は銀行振込で入金する必要があります。

お知らせ:「コンビニ入金」「クイック入金」の一時停止について:コインチェック公式

コインチェックでの「仮想通貨(ビットコイン等)の購入方法」は?

暗号資産(暗号資産)

コインチェックでの「仮想通貨(ビットコイン等)の購入方法」は、以下の2種類です。

コインチェックでの「仮想通貨(ビットコイン等)の購入方法」

①「販売所」での購入

②「取引所(板取引)」での購入

それでは、各購入方法のメリット・デメリットと購入方法・手順をご紹介します。

①「販売所」での購入

暗号資産(暗号資産)

仮想通貨(ビットコイン等)を「販売所」で購入するメリット・デメリット、購入方法・手順は、以下のとおりです。

「販売所」で購入するメリット・デメリット

区分 内容
メリット ・簡単に短時間で仮想通貨を購入できる
・取扱通貨が豊富(15種類以上)
デメリット ・手数料が若干高い

販売所での購入は、手数料が若干高いですが、シンプルでわかりやすいため、暗号資産を始めたての方におすすめです。

「販売所」での購入方法・手順

① 「コインチェック 」のホーム画面左側の「販売所(購入)」を選択

② 購入する「仮想通貨」を選択

③ 仮想通貨の「購入量」を入力

④ 「購入する」を選択して購入完了

②「取引所(板取引)」での購入

暗号資産(暗号資産)のトレード

仮想通貨(ビットコイン等)を「取引所」で購入するメリット・デメリット、購入方法・手順は、以下のとおりです。

「取引所」で購入するメリット・デメリット

区分 内容
メリット 手数料を抑えて仮想通貨が購入できる
デメリット ・販売所での購入より若干手間がかかる
・取扱通貨が4種類(「BTC」「ETC」「MONA」「PLT」)

取引所での購入は、若干の手間はかかりますが、手数料を抑えられるため、コストを少しでも抑えたい方におすすめです。

「取引所」での購入方法・手順

コインチェック 」のホーム画面の「現物取引」欄で、「購入したい通貨」を選択します。
※当記事では、BTC(ビットコイン)を選択します。

取引所で購入できる通貨は、「BTC」「ETC」「MONA」「PLT」の4種類です。
※その他の通貨を購入する場合は、販売所で購入する必要があります。

続いて、「①レート」「②注文量」を指定して、「③買い」を選択して、「④注文する」をクリックして注文します。
※「概算」は「レート」と「注文量」を入力すると自動で表示されます。

注文した「レート」と「注文量」の「売り注文」が入ったタイミングで約定して、通貨が購入できます。

ちなみに、レートを決めるうえでは、レートは真ん中の「買い板/売り板」の緑文字の「買」のレート(金額)を参考にしましょう。(その時点の買い注文で最も買われやすい金額です)

なお、すぐに購入したい場合には、赤文字の「売」のレート(金額)を入力して注文しましょう。(他に人に買われなければ、すぐに注文が成立して購入できます)

コインチェックの「入金・仮想通貨(ビットコイン等)の購入方法」を解説:まとめ

暗号資産(暗号資産)
コインチェックの日本円の入金方法

① 銀行振込

② コンビニ入金

③ クイック入金

2022年7月29日時点では、「コンビニ入金」と「クイック入金」が一時停止しているため、「銀行振込」での対応が必要です。

コインチェックでの「仮想通貨(ビットコイン等)の購入方法」

①「販売所」での購入

②「取引所(板取引)」での購入

「販売所」で購入するメリット・デメリット
区分 内容
メリット ・簡単に短時間で仮想通貨を購入できる
・取扱通貨が豊富(15種類以上)
デメリット ・手数料が若干高い

販売所での購入は、シンプルでわかりやすいため、仮想通貨を始めたての方におすすめです。

「取引所」で購入するメリット・デメリット
区分 内容
メリット 手数料を抑えて仮想通貨が購入できる
デメリット ・販売所での購入より若干手間がかかる
・取扱通貨が4種類(「BTC」「ETC」「MONA」「PLT」)

取引所での購入は、手数料を抑えられるため、コストを少しでも抑えたい方におすすめです。

この記事が何か1つでも参考になっていたら幸いです。

貴重なお時間をかけて読んでいただき、ありがとうございました。

仮想通貨(暗号資産)
コインチェックの「口座開設の方法・手順」をわかりやすく紹介!【画像付き】コインチェックの「口座開設の方法・手順」を画像付きでわかりやすく紹介します。...
『コインチェックの積立サービス』とは?「始め方・手順」を画像付きで解説!『コインチェックの積立サービス』がどのようなサービスかと、コインチェック積立の「始め方・手順」を画像付きでわかりやすく解説しています。...
イーサリアム(ETH)
コインチェック積立の「評判」は?「メリット・デメリット」と「おすすめの通貨」を徹底解説!この記事では、コインチェック積立の「評判」「メリット・デメリット」「おすすめ通貨」を紹介します。...
NFT
コインチェックでの『NFTの買い方』を画像付きで徹底解説!コインチェックでの「NFTの買い方」を画像付きでわかりやすく紹介します。...
このエントリーをはてなブックマークに追加