ブログ

【ブログ】キーワード選定・選び方のコツ【画像で丁寧に解説!!】

キーワード

悩む人
悩む人
ブログのキーワード選定・選び方のコツを知りたい。

この記事では、こんな要望にお答えします!

・ブログでキーワード選定が必要な理由

・ブログのキーワード選定で確認するポイントと使用するツール

・ブログのキーワード選定の手順(画像付き)

ブログでキーワード選定が必要な理由は?

「検索されない」「競合が強い」キーワードで記事を書いても、Google等の検索エンジン経由では読まれないからです。

たとえ、想いを込めて素晴らしい記事を書いたとしても、読まれなければ伝わりません。

そのため、ブログ記事が読者に届くよう、「多くの人に検索されて」「競合が少ない」キーワードを選定する必要があります。

ブログのキーワード選定で確認するポイントと使用するツールは?

ブログのキーワード選定で「確認するポイント」と「使用するツール」は、以下のとおりです。

ブログのキーワード選定で「確認するポイント」

① サジェストキーワード(関連語)

② 検索ボリューム

③ 競合の強さ

④ 競合の多さ

上記の4点を確認するうえで使用する、主なキーワード関連ツールは以下の2つです。

キーワード選定で「使用するツール」
確認事項 ツール
①サジェストキーワード ラッコキーワード
②検索ボリューム
③競合の強さ
キーワードプランナー
④競合の多さ ・Googleの検索窓
【ご参考】キーワードスカウターST(有料)
※若干購入ページが怪しいですが、ツール自体はとても便利です。

ブログのキーワード選定の手順は?(画像付き)

ブログのキーワード選定の手順は、以下のとおりです。

ブログのキーワード選定の手順

①「ラッコキーワード」にメインのキーワードを入力して検索

② 検索結果のサジェストキーワードをコピー

③「キーワードプランナー」の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択

④ 入力ボックスにサジェストキーワードを貼り付けて「開始する」を押す

⑤「過去の指標」タブを選択

⑥ 出力結果を「月間平均検索ボリューム」順に並び替え

⑦「検索ボリュームが多く」「競合性が弱い」キーワードを選定
※検索ボリュームは「100以上」、競合は「弱」が理想的です。

⑧「Googleの検索窓」に「allintitle:」+「選定したキーワード」を入力・検索
※競合の記事数が「10件以下」
なら上位表示できる可能性が高いです。

①「ラッコキーワード」にメインのキーワードを入力して検索

ラッコキーワード」の画面左上の入力ボックスに、メインのキーワードを入力して検索します。

② 検索結果のサジェストキーワードをコピー

画面右上の「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックして、サジェストキーワード一覧をコピーします。

③ 「キーワードプランナー」の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択

画面右上のキーワードプランナー」の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択します。

④ 入力ボックスにサジェストキーワードを貼り付けて「開始する」を押す

入力ボックスにサジェストキーワードを貼り付けて「開始する」を押します。

⑤「過去の指標」タブを選択

「過去の指標」タブを選択します。

⑥ 出力結果を「月間平均検索ボリューム」順に並び替え

出力結果を「月間平均検索ボリューム」順に並び替えします。
※Google広告を利用していない場合は、上の画面よりおおまかな数字が表示されます。(100~1000など)

⑦「検索ボリュームが多く」「競合性が弱い」キーワードを選定

「検索ボリュームが多く」「競合性が弱い」キーワードを選定します。
※検索ボリュームは「100以上」、競合は「弱」が理想的です。

⑧「Googleの検索窓」に「allintitle:」+「選定したキーワード」を入力・検索

「Googleの検索窓」に「allintitle:」+「選定したキーワード」を入力して検索すると、狙っているキーワードをタイトルに含むライバルの記事数が表示されます。

競合の記事数が「10件以下(もしくは20件以下)」なら上位表示できる可能性が高いです。

競合の記事数チェックとあわせて、狙っているキーワードで上位10記事をチェックしましょう。(このチェックは「allintitle:」ではなく通常の検索をします)

※「個人ブログ」や「Yahoo!知恵袋」、「無料ブログ」の記事がある場合は、上位表示できる可能性があります。(企業、医療機関、公的機関の記事が独占している場合は上位表示は難しいです)

なお、キーワード選定をして記事を書いたら、検索順位チェックツールで順位を確認して、適宜リライトするようにしましょう!検索順位を上げるうえで、非常に重要です。

【参考】キーワードスカウターSTで「allintitle:」記事数を一括取得

「キーワードスカウターST」を使うと、全サジェストキーワードの「allintitle:」記事数(キーワードをタイトルに含む記事数)を一括取得できます。
※Googleの検索窓で「allintitle:」記事数を検索する場合は、1キーワードずつの取得となります。

「キーワードスカウターST」は、買い切り型の有料ツールです。

競合が記事を書いていない「キーワードの空き」を簡単に見つけることができます

効率よくキーワード選定したい方は、買い切り型なので、購入するのも1つの選択かなと思います。

少なくとも私は買って良かったと感じています。

>>「キーワードスカウターST」の公式サイト
※若干購入ページが怪しいですが、ツール自体はとても便利です。

【ブログ】キーワード選定・選び方のコツ【画像で丁寧に解説!!】:まとめ

ブログ記事がしっかりと読者に届くよう、「多くの人に検索されて」「競合が少ない」キーワードを選定する必要があります。

ブログのキーワード選定で「確認するポイント」

① サジェストキーワード(関連語)

② 検索ボリューム

③ 競合の強さ

④ 競合の多さ

キーワード選定で「使用するツール」
確認事項 ツール
①サジェストキーワード ラッコキーワード
②検索ボリューム
③競合の強さ
キーワードプランナー
④競合の多さ ・Googleの検索窓
【ご参考】キーワードスカウターST(有料)
※若干購入ページが怪しいですが、ツールはとても便利です。
ブログのキーワード選定の手順

①「ラッコキーワード」にメインのキーワードを入力して検索

② 検索結果のサジェストキーワードをコピー

③「キーワードプランナー」の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択

④ 入力ボックスにサジェストキーワードを貼り付けて「開始する」を押す

⑤「過去の指標」タブを選択

⑥ 出力結果を「月間平均検索ボリューム」順に並び替え

⑦「検索ボリュームが多く」「競合性が弱い」キーワードを選定
※検索ボリュームは「100以上」、競合は「弱」が理想的です。

⑧「Googleの検索窓」に「allintitle:」+「選定したキーワード」を入力・検索
※競合の記事数が「10件以下」
なら上位表示できる可能性が高いです。

この記事が何か1つでも参考になっていたら幸いです。

貴重なお時間をかけて読んでいただき、ありがとうございました。

検索順位チェックツールは「GRC」1択!その理由は!?【SEO対策】この記事では、「検索順位チェックツールをなぜ使うべきか」「検索順位チェックツールGRCがおすすめな理由」「GRCの対象ソフトと料金プランのおすすめ」「GRCの登録方法」をご紹介します。...
ドメインパワー
ドメインパワーとは?8つの上げ方を紹介【0から上がらない人必見】この記事では、「ドメインパワーとは何か」「ドメインパワーを上げるとどんな効果があるか」「ドメインパワーを調べるための検索順位チェックツール5選」「ドメインパワーの上げ方8選」「ドメインパワーをブログ開始初期に上げる方法」などをご紹介します。...
被リンクとは?ブログ初心者が増やす方法12選【無料で獲得できる!!】この記事では、被リンクとは「何か」「どんな効果があるか」と「ブログ初心者」でも「無料」で「被リンク」を増やすことができる「WEBサービス」12選をご紹介します。...
【雑記ブログ】月1万PV・収益1万達成までにした10の対策【100記事突破】この記事では、雑記ブログで月1万PV・収益1万達成までにした対策のうち、「PV」と「収益」への影響が大きかったと判断した10項目を厳選してご紹介します。...
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事